Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2020.03.16

ビジネスデータの共有で、DXを推進!

205回表示しました

ビジネスコラボ 社員インタビュー記事 (日経クロステック)

日経BP 総合研究所 フェローの桔梗原富夫が「"半歩先"の未来ソリューション」について、日立ソリューションズのエバンジェリストたちにインタビューをするシリーズの「ビジネスコラボレーション」編です。

現代のビジネスでは、作成中のファイルのほか、見積書や提案書、さらにはメールなどのコミュニケーションツールも含めてさまざまなものがデータとして重宝されるようになっています。しかし、データの量が膨大になるにつれて、管理や安全面、送受信の方法といった課題も増えてきました。大量のビジネスデータを安全かつ効果的に運用するためには、社内外のメンバーと適切に共有し、今までにない協創を生みだすことが求められています。

この記事のポイント
  • 1 現代のビジネスでは、あらゆるデータが重要な資産となりつつある。
  • 2 データ量が増えるにつれて、適切な管理・運用方法が必要となる。
  • 3 ビジネスデータを社内外に効率よく安心して共有できる仕組みがあれば、協創やDX推進に役立つ。
関連記事
PICKUP