Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2021.01.28

現在、注目されている「IDaaS」を理解しよう
⑤IDaaSとゼロトラスト

429回表示しました

従業員個人の情報を効率よく管理できる「IDaaS」について解説していくシリーズの第5弾。この記事では、IDaaSが「ゼロトラストセキュリティ」の基盤となることをわかりやすくまとめました。

ゼロトラストセキュリティとは、攻撃されることを前提としたセキュリティ対策です。つまり、確認すべき項目やチェックの精度は大幅に変わり、より強固で効率的なセキュリティのシステムを考える必要があります。そこで活躍するのがIDaasです。

もともと「クラウドとオンプレミスの混在環境」向けに開発されたので、IDaaSの仕組みそのものがゼロトラストの基盤になると言っても過言ではありません。ゼロトラストセキュティを視野に入れた新たなソリューションとして、IDaaSは今後さらに存在価値が高まっていくと考えられています。

この記事のポイント
  • 1 近年、攻撃されることを前提とした「ゼロトラストセキュリティ」が重要視されるようになってきた。
  • 2 IDaaSがID管理やクラウドもオンプレミスも含めた高度なセキュリティを担保している。
  • 3 つまり、IDaaSはゼロトラストセキュリティの基盤となる。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP