Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2020.03.02

電子決済とポイントプログラムでキャッシュレス社会に対応!

321回表示しました

電子決済サービスとポイントプログラムの連携、事業者の課題とは(マーケティング)

世界的に広まりつつある「キャッシュレス」の流れ。電子決済サービスは多様化していて、クレジットカードのみならず、スマホの普及とともにモバイル決済(QRコード / バーコード)も浸透してきました。キャッシュレスがもたらすメリットは、販売促進・人的リソース創出・マーケティングでの活用などさまざま。そしてキャッシュレス対応の遅れは、重大な機会損失につながると考えられています。

単純に電子決済を導入するのではなく、さらに有効活用するため大切なのが、ポイントプログラムとの組み合わせです。マーケティングやキャンペーンといった多彩な機能を持つポイントプログラムによって、ユーザーのさらなる囲い込みに活用できます。キャッシュレス化の流れに合わせて、多くの事業者が注目しています。

電子決済サービスとポイントプログラムの連携、事業者の課題とは(マーケティング)

この記事のポイント
  • 1 電子決済サービスの浸透と購買行動の変化。
  • 2 電子決済サービスの普及がポイントを中心とした一大経済圏を拡大。
  • 3 マルチ決済や多種ポイントプログラムへの対応が課題。
関連記事
PICKUP