Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2021.01.28

現在、注目されている「IDaaS」を理解しよう
①IDaaSの基礎知識

125回表示しました

従業員個人の情報を効率よく管理できる「IDaaS」について解説していくシリーズの第1弾。リモートワークやクラウドサービスの普及により、場所を選ばずに仕事ができるようになるというメリットの一方、セキュリティ面での不安というデメリットがあるのも事実です。とはいえ、リモートワークはこれからも加速していくことが予想されますし、クラウドの利用を禁止するのもあまり現実的ではありません。

そこで今、注目されているのがIDaaS(Identity as a Service)と呼ばれるクラウドサービスです。IDaaSとは、個人の情報(Identity)などをクラウド経由で運用・管理するサービスで、高度なセキュリティ環境を持っています。

この記事ではまず、IDaaSを導入する前に知っておくべき基礎知識からIDaaSが注目されている背景、さらにはIDaaS導入を成功に導くポイントをご紹介します。

この記事のポイント
  • 1 現代社会やこれからの働き方においては、リモートワークやクラウドサービスを活用していくことが前提となりつつある。
  • 2 しかし、現状ではまだ社外のネットワークやクラウドにセキュリティ面で不安を感じている方が多い。
  • 3 そのような環境で今、従業員個人の情報(Identity)をクラウドで行えるIDaaSが人気となっている。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP