Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2020.12.23

RPA運用における成功の定義や失敗しないためのアプローチとは?

115回表示しました

近年、「RPA(Robotic Process Automation)」つまり「ロボットによる業務の自動化」が注目されるようになり、現在は普及期に入ったといわれています。中小企業にもRPAが浸透し始めていますが、成果を出している企業と、期待したほど業務効率化を実感できない企業の明暗が分かれているのも実情です。

この記事では、RPA導入における「成功」の定義や、失敗しないための導入アプローチについて深く言及されているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント
  • 1 「RPA」は現在、普及期に入ったといわれているが、導入に成功している企業と失敗している企業がある。
  • 2 RPA運用における成功とは「人材不足の解消」「品質向上」「コスト削減」など。
  • 3 導入においては、組織の性質や現場の体制に合わせたアプローチが重要。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP