Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2020.10.01

RPA運用を成功につなげるフローとは?
失敗につながるケースも解説

128回表示しました

近年、「生産年齢人口減少に伴う人材不足」をはじめとする社会的背景からRPA(Robotic Process Automation)がますます脚光を浴びています。RPAを導入する企業は増加傾向にあり、導入割合を企業規模別に見た場合、1000人以上の企業で85%、300~1000人未満の企業でも80%となっており、すでに中小企業にもRPAが普及しているという状況です。さらに、この増加傾向は新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、多くの国内企業がテレワークを実施したことはデジタル化のニーズを高め、今後さらに導入率は増加するものと思われます。

このように注目されるRPAですが、「労働時間の削減」をはじめ、成功の兆しが見える企業がある一方、「導入したものの上手く機能していない」などの悩みを抱える企業は少なくありません。そこで、今回の記事では、失敗につながる典型例を踏まえて、成功に導くRPA導入・運用の流れについてまとめていきます。

関連動画

この記事のポイント
  • 1 RPA導入が失敗につながる典型例。
  • 2 RPAの導入を成功に導くためのフローとは?
関連ソリューション
関連記事
PICKUP