Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2020.10.23

RPA導入後に直面しがちな問題とは?
その対策について解説

158回表示しました

RPA(Robotic Process Automation)とは、仮想知的労働者の概念に基づく「ロボットによる業務の自動化」の取り組みを指しています。「少子高齢化に伴う労働人口の減少」をはじめとした社会構造の変化や「働き方改革」の推進により「長時間労働の抑制」や「人材流動化対策」、さらにWithコロナ時代に突入したことにより、テレワークが常態化しRPAは業務プロセスの最適化とデジタル化の観点からも企業にとって不可欠なものになっています。

このような背景もあり、様々な業種や企業規模を問わず導入が進むRPAですが、導入後に直面しがちな問題もさまざまにあることから、すでに導入済みの企業でも「期待していたほど効果が出ていない」「投資対効果がわからない」などの悩みを抱えているケースは少なくありません。そこで、今回の記事では、RPAを導入後に起こりうる問題とその対策について紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

関連動画

この記事のポイント
  • 1 システムの仕様変更による誤作動の発生。
  • 2 システム障害による業務停止。
  • 3 業務がブラックボックス化してしまうケース。
  • 4 不正確な指示により誤処理を実行し続けるケース。
  • 5 セキュリティの問題。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP