Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2022.06.28

コネクテッドカーとスマートシティがつくる、
人・クルマ・社会の新たな未来

806回表示しました

通信機能を搭載し、ICT端末としての機能を持つ自動車「コネクテッドカー」。さまざまな情報を送受信しながら走行するIoTのクルマであり、実用化も加速的に進んでいます。そして、コネクテッドカーの普及とともに注目されているのが、ICTやIoT技術を駆使して都市インフラをはじめ数多くの課題解決を図る取り組みである「スマートシティ」です。

「コネクテッドカー」と「スマートシティ」の相乗効果でもたらされるメリットはさまざま。例えば、安心安全かつ快適な交通網の整備。各種データの活用による地域活性化や利便性の向上。さらには、オンデマンド系移動サービスの実現などが考えられます。

現在主流のコネクテッドサービスは、オーナー個人や個々の自動車に向けたものが多いですが、今後は活用範囲のさらなる展開が予想されています。パーソナルからパブリックへ、さらにはソサエティ全体へ。人とクルマと社会が織りなす、新たな未来をご紹介します。

この記事のポイント
  • 1 コネクテッドカーの普及とともに、スマートシティとの相乗効果が期待されている。
  • 2 交通網の整備や各種データ活用による利便性の向上、新たなサービスの実現など、メリットはさまざま。
  • 3 コネクテッドカーが個人向けのサービスから社会全体のインフラとして、スマートシティという新たな未来の姿としても注目されている。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP