Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2022.04.01

製造業DXのカギとなる「バーチャルエンジニアリング」とは?

468回表示しました

これまで日本は「ものづくり大国」として、製品の質の高さや技術レベルが世界的に評価されてきました。近年はITの進化と関連した「インダストリー4.0」への変革が急速に進みつつある中で、デジタル化への対応が求められています。その実現のために不可欠とされているのが、「バーチャルエンジニアリング」です。企画・設計から製造に至るまでのプロセスをデジタル化し、バーチャル環境下で検証や設計変更などを行っていく手法で、製造業におけるDXの1つとされています。

この記事を通じて「バーチャルエンジニアリング」の詳しい内容やメリットを知っていただき、製造業DXのために導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事のポイント
  • 1 「ものづくり大国」として世界的に評価されてきた日本も、インダストリー4.0をはじめデジタル化への対応が求められている。
  • 2 そこで注目されているのが、企画・設計・製造などのプロセスをバーチャル環境で行っていく「バールエンジニアリング」。
  • 3 開発工程の短縮やコスト削減など多くのメリットがあり、製造業DXのために不可欠な手法として導入が進んでいる。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP