Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2021.06.30

これからのID管理は、ADからクラウドへ!

120回表示しました

ユーザーやIDの管理システムとしてAD(Active Directory:アクティブディレクトリ)を使用している企業も多いと思います。しかし、オンプレミスのADの場合はクラウドサービスをID管理の対象外にしているケースも多く見られているほか、費用やバージョンアップの対応といった作業コストも含め、いくつかのデメリットがあるのも事実。

そこでこの記事では、クラウドでのID管理方法「IDaaS」に関するメリットをまとめました。これからの時代のID管理に、ぜひ「IDaaS」を検討してみてください。

この記事のポイント
  • 1 これまでのID管理は長らくオンプレミスのADが使用されてきた。
  • 2 しかし、費用やバージョンアップ対応といった面でのデメリットが多い。
  • 3 これからの時代はクラウド型ID管理システムの「IDaaS」がおすすめ。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP