Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ
メインビジュアル メインビジュアル

2024.02.22

SaaS運用を支える新しいセキュリティ対策「SSPM」について学ぼう

297回表示しました

チャットツールやWeb会議システム、ファイル共有サービスなど様々なSaaSの普及に伴い、セキュリティ課題も増加しています。
SaaSのセキュリティ課題には例えばポリシー設定の誤りによる不正アクセスリスクなどがあり、新しい対策、SSPM(SaaS Security Posture Management)が重要な役割を果たします。

この記事では、SSPMがどういったものなのか、また、SSPM導入のメリットやポイント、ステップについても紹介しています。ぜひご覧ください。

この記事のポイント
  • 1 SSPMはSaaSアプリのセキュリティ設定の状態を監視、評価、管理するセキュリティプラットフォーム。
  • 2 SSPMの利用により、SaaSアプリのリスクの可視化とセキュリティ強化や、セキュリティリスクの低減とコンプライアンスの強化などができる。
  • 3 SSPMを導入の検討には、まず現状とニーズの分析が必要。
関連ソリューション
関連記事
PICKUP